神撃のバハムート攻略裏ワザ 聖戦 役職

神撃のバハムート攻略 聖戦の役職

神撃のバハムートの一番盛り上がるイベント、それが聖戦です。
聖戦は「自分の騎士団」対「相手騎士団」のバトルで、相手騎士団の団員の中から自分で対戦相手を選んでバトルします。これを聖戦バトルと言い、聖戦バトルに勝てば聖戦ポイントを獲得出来ます。騎士団団員の合計獲得聖戦ポイントの多い騎士団が勝ちます。ここでは聖戦時の役職のスキルや役割を紹介していきます!
聖戦の戦い方をまとめてみましたので、神撃のバハムート 聖戦の戦い方を参考にしてみてください。

 

聖戦に勝つために!

役職スキルを知る

騎士団には、役職があります。騎士団レベルによって役職に就かせられる人数が決まっていますが、団長を抜かして7人〜8人のところが多いです。
役職は、聖戦で特別なスキルを発動し、戦いを有利に進めることが出来ます。スキルを発動させるには、SPを消費します。SPはチャージか、聖戦バトルを仕掛けることで回復します。チャージは使用後20分で再度使用出来ます。役職スキルは、役職レベルによって効果が上昇します。役職レベルは聖戦毎にリセットされます。

 

役職一覧
団長

聖戦時でなくとも、常時攻撃力と防御力が5%アップします。
聖戦時は、戦いの要とも言える「レイジオブバハムート」や「アルティメットレイジオブバハムート」を発動することが出来ます。
(最大SP:1,000 チャージ回復SP:450)

レイジオブバハムート
消費SP1,000ですが、絶大な効果を発揮します。効果時間は10分、再度使用出来るのは、終了後5分以降という制限があります。
全団員の攻撃力が20%から25%アップし、獲得聖戦ポイントが1.5倍から1.6倍になります。団長のSPはチャージだけでなく、団員が聖戦バトルを仕掛ける度に回復します

 

◆使いどころ
ほとんどの騎士団が聖戦開始20分以降に撃ってきます。これは、団長のチャージ2回終わる出来るのが最速で聖戦開始20分だからです。

 

レイジオブバハムートの天敵は副団長の使える「ブレイブハート」と防衛団長の使う「ファランクス」です。両方とも、チャージ1回では発動することが出来ないので、聖戦開始直後に全団員で総攻撃をして、一気に団長のSPを溜め、SPが溜まったら即レイジオブバハムートを発動させて、聖戦ポイントを大量に獲得するのも戦法です。このときは、獲得聖戦ポイントが20%アップする先制突破ボーナスを達成出来ることが多いのも、おすすめする理由です。

 

注意点として、ブレイブハートととの同時発動は出来ません。

アルティメットレイジオブバハムート
レイジオブバハムートの上位互換です。しかし効果時間は5分です。
全団員の攻撃力が25%から30%アップし、獲得聖戦ポイントが1.5倍から1.6倍になります。さらに、ブレイブハートの効果、全力攻撃無効を無視して全力攻撃出来るようになります。しかし、1日で1回しか使うことが出来ません。

 

◆使いどころ
1日1回しか使うことが出来ないので、とても使いどころが難しいです。
相手が完全に後手なら、いつ使っても使い損になることもあります。特にファランクスを貫けない格上騎士団に当たって、さらにこちらの動きに合わせてスキルを発動してくるようなら、使っても損をするだけです。
相手のファランクス後に撃つのがベストですが、こちらのレイジオブバハムートに合わせてファランクスをしてこられたら使うタイミングもありません。使わず終わることも多いかもしれません。せめて効果時間が10分ならと思います。

 

副団長

常時攻撃力と防御力が3%アップします。
聖戦時は、相手に全力攻撃を出来なくしつつ、団員の能力と獲得聖戦ポイントをアップさせる「ブレイブハート」が使えます。
(最大SP:500 チャージ回復SP:250)

ブレイブハート
消費SPは500です。全団員の攻撃力と防御力を10%から15%アップさせ、獲得聖戦ポイントも20%から25%アップします。加えて、相手騎士団に、聖戦ポイントが大量獲得出来る「全力攻撃」を強制的に禁止させます。効果時間は5分、再使用制限は、終了後4分です。

 

◆使いどころ
ブレイブハートは、「相手騎士団に全力攻撃をさせなくする」という素晴らしい性能を持っています。つまり、聖戦ポイントを大量獲得出来る相手のレイジオブバハムート発動中にブレイブハートを使うと、相手騎士団は全力攻撃が出来なくなり、聖戦ポイントを大量獲得することが出来なくなります。「ブレイブハートはレイジオブバハムートに重ねる」は聖戦の定石です。

 

注意点として、自騎士団のレイジオブバハムート発動中はブレイブハートは発動させることが出来ません。

 

攻撃隊長

常時攻撃力が5%アップします。
聖戦時は、攻撃時に必ずハイクリティカルが発動し、相手の防御力も30%から45%下げる「ウォークライ」と、相手騎士団のブレイブハートを30秒から60秒短縮出来る「ブレイブブレイク」が使用出来ます。
(最大SP:300 チャージ回復SP:150)

ウォークライ
聖戦バトル時に、相手の防御力も25%から30%下げつつ、一定確率でハイクリティカルが発生させることが出来ます。消費SPは50です。

 

◆使いどころ
攻撃隊長の役割は、「相手防衛隊長のファランクスを貫くこと」です。そのためには「ウォークライ」が必須です。相手の防衛隊長がファランクスをしてきたら、ウォークライを発動させ、防衛隊長を攻撃しましょう。しかしファランクスはかなり強力なので、それでも貫けないことが多いです。その場合はマジックソードやバトルマーチと重ねるか、防衛隊長をみんなで総攻撃して貫くか、諦めましょう。

 

SPに余裕があるときはウォークライをがんがん発動させてもいいですが、発動後は大量に聖戦ポイントを獲得している相手騎士団団員を攻撃しましょう!これは、ハイクリティカルが発生すると、聖戦バトル相手の獲得聖戦ポイントを減らすことが出来るからです。

ブレイブブレイク
もう1つのスキル、「ブレイブブレイク」は、役職レベル3から使用可能になります。相手騎士団がブレイブハート中しか使えません。相手ブレイブハートの効果時間を30秒から60秒短縮させます。消費SPは150です。

 

◆使いどころ
相手騎士団のブレイブハート発動中しか使えません。ブレイブハートはとても強力なスキルです。これを短縮することは絶大な効果ですので、攻撃隊長は常に150以上のSPをキープしておき、いつでもブレイブブレイクが使える使えるようにしておきましょう。

 

防衛隊長

常時防御力が5%アップします。
聖戦時は、自分の防御力を25%から30%上昇させ、攻撃を引き付ける「ファランクス」と、ブレイブハートの効果を伸ばせる「ブレイブコール」が使用出来ます。
(最大SP:300 チャージ回復SP:140)

ファランクス
聖戦で猛威を振るうのがこのファランクスです。自分の防御力を最大30%もアップさせ、尚且つ自分しか攻撃されないようにするという強力なスキルです。消費SPは300と多いですが、効果時間は5分と長く、ファランクスは貫かれなければブレイブハートよりも有用です。なぜなら、「相手に1ポイントも獲得させず、さらに連携も解除出来る」からです。相手のファランクス対策が出来ないと、聖戦で勝つことは難しいです。
再使用制限が、発動後7分から9分あります。防衛隊長が他にもいれば、その人は再使用制限中でもファランクスを使用出来ます。

 

◆使いどころ
やはり相手のレイジオブバハムート発動中に使うのがベストです。格下の騎士団相手なら、まずファランクスが貫かれることはありません。しかし、連続で攻撃されると防戦力が削られていつかは貫かれてしまうので、こまめな防戦力回復が必要です。

シールドオブナイツ
自身の防御力を10%から5%下げて、確率で騎士団員の変わりに相手騎士団の攻撃を受けます。
このとき、勝つことが出来れば聖戦ポイントを獲得出来ます。効果時間は3分、消費SPは200です。再使用制限が、効果終了後7〜9分あります。再使用制限中はシールドオブナイツが使えません。

 

◆使いどころ
騎士団員をかばう確率が低すぎる上、聖戦ポイントも雀の涙ほどです。使えません。

ブレイブコール
役職レベル3から使用可能になります。消費SPは150です。自騎士団のブレイブハートの効果時間を30秒から60秒延長します。再使用制限が15分ありますが、複数人で連続使用することは出来ます。

 

◆使いどころ
基本的に防衛隊長はファランクス係りです。しかし、格上の騎士団が相手だと、ファランクスが貫かれてしまうことが多いです。そういう時はブレイブコールを発動させると、ファランクスを使うよりも効果的なこともあります。しかし、ファランクスは相手からしたら、とても嫌なスキルですのでやはりファランクスを使うことをおすすめします。

 

救護隊長

役職スキルの「ヒール」で団員1人の戦力を回復させることと、役職スキルの「マジックシールド」で団員1人の防御力を上げることが役割です。
(最大SP:200 チャージ回復SP:30)

ヒール
団員1人の戦力を回復させることが出来ます。消費SPは50です。回復量は、攻戦力・防戦力ともに300から350です。再使用制限があり、100秒から180秒のインターバルが必要です。

 

◆使いどころ
「防衛隊長のファランクス中に防衛隊長の防戦力が減っていたら使う」のが王道です。ファランクスは強力ですが、連続で攻撃されると意外にもろいので、貫かれないように防戦力を回復してあげましょう。

マジックシールド
団員1人の防御力を15%から25%アップさせることが出来ます。消費SPは50です。再使用制限があり、終了後5分は使えません。役職レベルが上がると、再使用制限時間は最短180秒まで短縮出来ます。

 

◆使いどころ
これも使う対象は防衛隊長です。「防衛隊長のファランクス中に防衛隊長に使う」のが基本です。ファランクスとマジックシールドの効果で、防御力は最低でも50%も上昇します。ここまで上がると貫くのは困難ですので、マジックシールドは防衛隊長がファランクスを使ったら防衛隊長に使いましょう。

マジックソード
団員1人の防御力を10%から20%アップさせることが出来ます。消費SPは50です。再使用制限があり、終了後5分は使えません。役職レベルが上がると、再使用制限時間は最短180秒まで短縮出来ます。

 

◆使いどころ
使う対象は攻撃隊長、使うタイミングは「相手防衛隊長のファランクス中」が基本です。
これとウォークライやバトルマーチを合わせても相手のファランクスを貫けないのであれば、連続で攻撃して防戦力を削りましょう。

 

奏楽隊長

自騎士団全員の防御力を上げる「ウォール・セレナーデ」、攻撃力を上げる「バトル・マーチ」、獲得聖戦ポイントを上げる「レイジング・ロンド」が使えます。
(最大SP:100 チャージ回復SP:30)

ウォール・セレナーデ
全団員の防御力を10%から15%アップさせることが出来ます。消費SPは50です。効果時間は5分で、再使用制限は6分です。

 

◆使いどころ
これも基本的にはファランクス中に使うのがベストです。しかし、奏楽隊長の一番の役割は「レイジング・ロンド」ですので、いつでもSP100に出来る状態のときに使いましょう!

バトル・マーチ
役職レベル2から使うことが出来ます。全団員の攻撃力を%から15%アップさせることが出来ます。消費SPは50です。効果時間は5分で、再使用制限は6分です。

 

◆使いどころ
ウォール・セレナーデとレイジング・ロンドの優先度が高く、あまり使うタイミングがありません。強いて使うとするなら、相手のブレイブハート発動中やウォール・セレナーデ発動中、あとは相手ファランクスが貫けないときに使うくらいでしょうか。

レイジング・ロンド
役職レベル3から使用可能になります。全団員の獲得聖戦ポイントを5%から10%アップさせることが出来ます。消費SPは100です。効果時間は5分で連発可能です。

 

◆使いどころ
奏楽隊長の役割はまさにレイジング・ロンドです。使うタイミングは「自騎士団のレイジオブバハムート中」です!獲得聖戦ポイントを上乗せしましょう!格上騎士団が相手で、自騎士団のレイジオブバハムートが相手騎士団のブレイブハートとファランクスで完封されてしまう場合は、自騎士団のブレイブハート中に使うのも戦法です。

グローウィング・バラード
役職レベル4から使用可能になります。全団員の獲得SPを10%から20%アップさせることが出来ます。消費SPは100です。効果時間は5分で再使用制限が6分あります。

 

◆使いどころ
ホーリーパウダーを3個使った全力攻撃が多くなるタイミング、つまりレイジオブバハムート中に発動するのがいいと思われます。

ブラインドダージュ
役職レベル5から使用可能になります。消費SPは100、効果時間は2分です。効果時間中は、相手騎士団が自騎士団の聖戦ポイントが確認出来なくなります。再使用制限は7分あります。

 

◆使いどころ
相手のファランクスが貫けず、ブレイブハートで稼ぐときがいいと思います。ブレイブハート中にブラインドダージュ、このタイミングで相手がファランクスを使ってくれれば、ファランクス終了後にアルティメットレイジオブバハムートで確実に聖戦ポイントを稼ぐことが出来ます。ファランクスを使ってこなければ、そのままブレイブハート中に稼げます。
あとは最後の2分に使うようなところが多くなりそうですが、これをやると聖戦ポイントの取り合いになって省エネ聖戦が出来なくなりそうです。お互い最後10分はブラインドダージュは使わないのが省エネ聖戦のコツになりそうです。殴り合いが出来る騎士団には当てはまりませんが。

 

一般団員

役職スキルの「エール」で団員1人の攻戦力とSPを回復させます。
(最大SP:100 チャージ回復SP:30)

エール
団員1人の攻戦力を10から30、SPを10回復させます(SP回復量は役職レベルに関わらず一律で10)。

 

◆使いどころ
自分の所属している騎士団の戦い方次第ですが、ブレイブハートとファランクスが強力なので、副団長や防衛隊長にエールを集めるのが効果的だと思われます。

スラッシュ
役職レベル3から使えるようになります。自身の攻撃力を15%から20%アップさせます。消費SPは80です。連発可能です。

 

◆使いどころ
一般団員でも攻撃力が高い場合は相手ファランクス中に、相手騎士団が強くて聖戦バトルで勝てないときは、攻撃時は常時使うようにしましょう。