神撃のバハムート攻略 聖戦専用カードの効果

神撃のバハムート攻略 聖戦専用カードの効果

重要なのはエリスの指輪とアテナの像と戦神の像

神撃のバハムートの聖戦は、城内探索をすることで聖戦が有利になるアイテムを拾うことが出来ます。
拾えるアイテムは数種類ありますが、その中でも特に大事なアイテムが3つあります。

 

それが、バトル勝利時の聖戦獲得ポイントをアップさせるエリスの指輪とアテナの像、それに攻撃力がアップする戦神の像です。

 

エリスの指輪は99個まで所持できて、聖戦中であればラウンド間で持ち越すことが出来ます。
エリスの指輪は個人にのみ効果があります。アテナの像と戦神の像は、そのラウンドでしか効果がありませんが、団全体に効果があります。

 

上位の団になると、アテナの像の効果が99分、戦神の像の効果が99分なんてことも普通にあります。
しかも、これは聖戦専用のサポートカードを持っていれば1人でも出来てしまいます。

 

アテナの像の出現率をアップさせるのは、カマエルというカードです。
エリスの指輪はマーセナリー・ルシウス、戦神の像はエンジェルシューターです。
これらのカードは、進化させればさせるほど効果が高く、狙ったアイテムが出現しやすくなります。

 

聖戦のラウンド開幕から一気にトップスピードで稼ぐ団でなければ、チャージと壁壊しを終えたら、全員で城内を走り回ってアテナの像と戦神の像の効果を90分にしてしまいましょう!城内を走れる人の数が多いのならマーセナリー・ルシウスをサポートカードにすることをおすすめします。

 

城内を走り回れる人が少ないのなら、カマエルをサポートにして、まずアテナの像の効果を90分にしておくこともいいでしょう。
エリスの指輪は1人にしか効果がありませんが、アテナの像は団全体に効果があるので、アクティブな団であればあるほど効果的です。
といっても、常に攻撃の手を休めない団は滅多にいませんので、やはりエリスの指輪を99個にしておくことが一番です。